MENU
もりかわファミリークリニック監修生活習慣病治療サイト
MENU
CLOSE

〒458-0848
愛知県名古屋市緑区水広2-119

>Google mapで開く

メタボリックシンドローム

  • HOME
  • メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは

日本人の死因の第2位は心臓病、第3位は脳卒中(脳出血、脳梗塞)です。これら2疾患はいずれも血管の動脈硬化が原因となって起こることが多い疾患です。血管の動脈硬化を起こし易くする危険因子には高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満、喫煙などがあります。これらの危険因子は単独でも動脈硬化を進行させますが、病態によっては一つの危険因子が他の危険因子の増悪誘因になったり、危険因子が重なり合うことにより相乗的に危険性を高めあったりすることもあり、早い段階で特に注意が必要な状態であると考え、危険因子の集積状態をメタボリック症候群(通称メタボ)と呼ぶようになりました。
上メタボは予備軍も含めると、40歳以上の男性の2人に1人、40歳以上の女性の5人に1人存在し、増加傾向にあると最近は特に増加傾向にあるといわれています。
内臓脂肪の蓄積に加えて、「脂質異常」「高血糖」「高血圧」の3つのうち2つ以上該当した病態を指します。
・診断基準は一つ目の要因として腹囲が男性であれば85㎝以上、女性であれば90㎝以上であること。二つ目の要因として下に挙げる①から③の3項目のうち2項目以上を満たしていることが診断基準になります。

  • 空腹時血糖が110㎎/dl以上
  • 中性脂肪150㎎/dl以上かつ/またはHDLコレステロール40㎎/dl以下
  • 収縮期血圧130以上かつ/または拡張期血圧85以上

メタボリックシンドロームに伴うリスク

血管の動脈硬化に関連する疾患の発症リスクを高めます。該当する主な疾患には高血圧、脂質異常症、糖尿病、脳卒中(脳出血や脳梗塞)、心臓関連疾患(狭心症、心筋梗塞、心不全)、高尿酸血症、睡眠時無呼吸症候群などがあります。
これらの疾患はそれ単独でも危険な病態を引き起こしますが、二つの疾患が合わさることにより相乗効果的に病態を悪化させることとなるので、程度は軽くても早い段階から注意し、改善させていく必要があります。

メタボリックシンドロームの原因

メタボリックシンドロームの原因
好ましくない生活習慣を長年続けていることが原因で起こる場合がほとんどです。
生活習慣病の定義は、食習慣、運動習慣、休養、睡眠、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症や進行に関与する疾患群とされています
生活習慣病を招きやすい食習慣としては、不規則な食事時間、朝食を食べない、間食や夜食が多い、外食が多い、揚げ物やお菓子、濃い味付けの物を好むなどです。あてはある方は食生活を見直し改善していただきたいと考えています。

健康診断でのチェック項目

診断基準の項目に挙がってる、腹囲、空腹時血糖、脂質異常、高血圧の項目に注目する必要があります。
  • 腹囲が男性であれば85㎝以上、女性であれば90㎝以上
  • 空腹時血糖が110㎎/dl以上
  • 中性脂肪150㎎/dl以上かつ/またはHDLコレステロール40㎎/dl以下
  • 収縮期血圧130以上かつ/または拡張期血圧85以上
のうち一つでも満たしていれば、注意が必要な状態であると考えられます。

当院での治療法

当院での治療法
生活習慣が引き金となっている病態なので治療の基本は好ましくない生活習慣の改善をはかることです。具体的には食事に関しては過食や間食を控え、1日3回のバランスの取れた規則正しい食事を心がけ、炭水化物や脂質の摂取を抑え、魚類・野菜・果物・海藻類の摂取を増やすといった食事を心がける。運動に関しては有酸素運動(早歩き、水泳、水中歩行、社交ダンスなど)の効果が高いとされており、1日30分以上の有酸素運動を行う。それ以外に、ストレスをため過ぎないようにし、6時間以上で質のいい睡眠を確保する、禁煙するなどです。
下記の個々の治療に関しては該当するページを参照していただければと思います。

食事療法の方法

満腹になるまで食事をするのを控える、間食をしないことが大切です。また栄養バランスの良い食事にすることも大切です。

運動療法の方法

ウォーキングやサイクリングなどややきつい程度の負荷をかけた有酸素運動をすることが大切です。運動することで基礎代謝をよくし、エネルギー消費量を増やす目的があります。

通院頻度

当院での治療法
生活習慣の見直しが必要なため個人差がありますが、数週間~月に1回の受診をおすすめします。

予防方法

普段から摂取カロリーを意識することが大切です。自分の活動量に合わせて調節するようにしましょう。またしっかり噛んで食べることで脳の満腹中枢を刺激することができます。また適度な有酸素運動を日常生活に取り入れることで基礎代謝をよくすることも大切です。